別冊 東京直撃地獄拳! あなたになら言える秘密色のはちみつ。(日曜日が待ち遠しいと思った、わたしのたった365日の中の野良猫ロックでつぐみな日々と映画たちは、皆殺しの天使と 痛いほどきみが好きな金魚のしずく、もしくは 悲しみも喜びも幾年月な 桜咲く頃、俺の背中にこんなに陽が当るわけがなかったり、俺の彼女は16トンなわけがない。)

2011年09月26日

528/550「8 1/2」。

こんにちは。

















えっと、9月17日から 舟木一夫さん出演作品の特集上映が 銀座にて催されています。

















日本映画レトロスペクティブ Part26 スクリーンで観る 舟木一夫 青春の輝き…「#1 ゴールデンコンビ 舟木一夫と和泉雅子」と「#2 舟木一夫映画 お客様リクエスト特別篇」。
(2011年9月17日 カラ 10月7日。銀座シネパトス)










9月17日 カラ 21日

「北国の街」。
(1020|1335|1650)

「哀愁の夜」。
(1200|1515|1830)



9月22日 カラ 25日

「友を送る歌」。
(1020|1335|1650)

「高原のお嬢さん」。
(1150|1505|1820)



9月26日 カラ 29日

「あゝ青春の胸の地は」。
(1020|1340|1700)

「絶唱」。
(1150|1510|1830)



9月30日 カラ 10月3日

「東京は恋する」。
(1020|1350|1720)

「花咲く乙女たち」。
(1205|1535)



10月4日 カラ 7日

「北国の旅情」。
(1020|1330|1640)

「花の恋人たち」。
(1150|1500|1810)


















「花の恋人たち」が観たいです。さて、今回わたしが観てしまった映画は、第36回アカデミー賞で衣装デザイン賞と外国語映画賞を受賞した作品です。9月24日。

























「8 1/2(8 1/2 完全修復ニュープリント版)」。
(「OTTO E MEZZO」。1963年/伊)

















舞台は とある温泉地ほか。ある映画監督の静養と映画製作の日々を(彼の夢想幻想逃避行な世界を織り交ぜながら)描いた ファンタスティックな人間ドラマふう愛情映画。フェデリコ・フェリーニ監督作品。


















この映画を観るのは今回で二度目です。(初観は把握するのさえ難しくて脳が木端微塵になりました)(笑)今回はちゃんと(ごくりと)飲みこんで観ることができました。いい映画でした。
(映画館(大きな画面)で フェリーニ監督の映画を観ることができるというだけで嬉しかったです。)





















この作品は Blue Studioで観ました。
(特集「映画の革命児たち」。)




















..
















・こめも。



「43歳」。
(グイド・アンセルミの最初の台詞‥ かもしれない台詞。演ずるは マルチェロ・マストロヤンニさん。)



「今何時だ?」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「ありがとう」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「メザボッタ!」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「肝臓がちょっと」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「よろしく」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



13:30。



「来ない‥ よかった」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「二人?」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「鉄道ホテル」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「どうも」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「ごきげんよう 超人ターザンさん」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「諸君 腕時計だ」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「おいしい?」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「エスカルゴ」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



アサニシマサ。



「おやすみ」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「おやすみ」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「ルイザ こっちに来てくれないか」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「エレオノラ」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「こんばんは」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「もしもし」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



アホウドリの鳴き声。



いつでもどこでも煙草と一緒なグイド。(笑)



「ルイザ 君はほんとに優しい」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「何も起らない映画が好きか?」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「ルイザは僕をどう思ってる?」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「正直で嘘のない映画を作りたかった」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「ただいま」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「ありがとうルイザ 心のこもった贈り物だ」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「ルイザ 愛してるよ」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「すごく美しい 中学生みたいにドキドキする」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



(字幕は右・左上。)



「人生はお祭りだ」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「いっしょに過ごそう」。
(グイド・アンセルミの台詞。)



「マエストロ!」。
(グイド・アンセルミの台詞。)






















.
posted by 東京こじか(とえいが)。 at 12:29| Comment(0) | 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。