別冊 東京直撃地獄拳! あなたになら言える秘密色のはちみつ。(日曜日が待ち遠しいと思った、わたしのたった365日の中の野良猫ロックでつぐみな日々と映画たちは、皆殺しの天使と 痛いほどきみが好きな金魚のしずく、もしくは 悲しみも喜びも幾年月な 桜咲く頃、俺の背中にこんなに陽が当るわけがなかったり、俺の彼女は16トンなわけがない。)

2011年10月01日

530/550「神様のカルテ」。

こんにちは。

















えっと、7月23日から サイレント映画の特集上映が 渋谷にて催されました。

















「映画史上の名作番外編 サイレント小特集 3」。
(2011年7月23日 カラ 8月5日。シネマヴェーラ渋谷)










7月23日

「醜女の深情け」と「チャップリンの冒険」と「チャップリンの霊泉」と「栄光」。



7月24日

「山の王者」と「十月」。



7月25日

「ロイドの人気者」と「サンライズ」。



7月26日

「サンライズ」と「栄光」。



7月27日

「ロイドの人気者」と「山の王者」。



7月28日

「醜女の深情け」と「チャップリンの冒険」と「チャップリンの霊泉」と「十月」。



7月29日

「山の王者」と「栄光」。



7月30日

「素晴しい哉人生」と「イタリア麦の帽子」。



7月31日

「キートンのセブンチャンス」と「血と砂」。



8月1日

「ニーベルンゲン ジークフリード」と「ニーベルンゲン クリムヒルトの復讐」。



8月2日

「キートンのセブンチャンス」と「イタリア麦の帽子」。



8月3日

「素晴しい哉人生」と「血と砂」。



8月4日

「ニーベルンゲン ジークフリード」と「ニーベルンゲン クリムヒルトの復讐」。



8月5日

「キートンのセブンチャンス」と「素晴しい哉人生」。


















「十月」が観たかったです。さて、今回わたしが観てしまった映画は、夏川草介さんが書いた小説の映画化作品です。9月29日。
























「神様のカルテ」。
(2011年/日本)

















舞台は 長野県(松本市)。とある病院に勤める内科医の日々を描いた 医療映画。または、とある病院に集う人々と病院で働く人々のそれぞれの日々をさらっと描いた 医療映画。または、とある内科医な夫をそっと支える妻の姿を 共同住宅で暮らす人々との日々を交えながら描いた 愛情映画。または、とある末期がん患者の日々を描いた 人間ドラマ。もしくは、様々な住人をそっと見つめる とある古びた旅館の日々を描いた やさしい建物映画。深川栄洋監督作品。




















原作はまだ読んでいません。


















夫をそっと支える、菩薩というか‥ 神の領域に近い存在(まるで男性の超願望のカタマリであるかのような)(笑)に達していた 栗原榛名を演じていました 宮崎あおいさんがとてもとても可愛かったです。(けれど、わたしが思っていたよりもずっと 出演場面・時間が少なかったように感じました‥。残念。)そんな(バイオニック・ジェミーもビックリな)宮崎あおいさんを観ることが出来ただけでこの作品は満足でした。


















柄本明さんはやっぱり巧かったです。

















..
















・こめも。



消化器内科医 栗原一止 本庄病院。
(名札。)



「何です‥?」。
(栗原一止の最初の台詞。演ずるは 櫻井翔さん。)



救急医 栗原一止 本庄病院。
(名札。)



「うちじゃ受けられません‥」。
(栗原一止の台詞。)



「はい‥」。
(栗原一止の台詞。)



カシャッ。



カシャッ。



「さっすが ヒキの栗原」。
(砂山次郎の最初の台詞。演ずるは 要潤さん。)



「栗ちゃんが‥」。
(貫田誠太郎(大狸先生)の最初の台詞。演ずるは 柄本明さん。)



「こっこじゃ何にも出来ねえよ」。
(砂山次郎の台詞。)



草枕。
(岩波文庫。夏目漱石:著。カバーなし)


「いやいや、毎日‥」。
(とある患者の最初の台詞。演ずるは でんでんさん。)



「ビールも捨ててください」。
(栗原一止の台詞。)



「ああ‥ モルヒネの効きが悪い」。
(栗原一止の台詞。)



「‥事務的に見えるか?」。
(栗原一止の台詞。)



「ただいまぁ‥」。
(栗原一止の台詞。)



「ハルぅ‥?」。
(栗原一止の台詞。)



「イチさんへ お疲れ様です 撮影に出かけます」。
(栗原榛名の(最初の)声。演ずるは 宮崎あおいさん。)



2010.9.2。
(結婚記念日。カレンダー。)



「何たる失態‥」。
(栗原一止の台詞。)



「悲しむのは苦手だ‥」。
(栗原一止の台詞。)



「イチさん おかえりなさい」。
(栗原榛名の最初の台詞。演ずるは 宮崎あおいさん。)



「何か悲しいことがありましたか?」。
(栗原榛名の台詞。)



「案ずるな、これが仕事だ」。
(栗原一止の台詞。)



「ありがとう」。
(栗原一止の台詞。)



「帰りましょ」。
(栗原榛名の台詞。)



「おかえり、ハル」。
(栗原一止の台詞。)



「ただいま イチさん」。
(栗原榛名の台詞。)



「面目ない‥」。
(栗原一止の台詞。)



「社会とは‥ ふつうに社会です」。
(栗原一止の台詞。)



「どうしました?」。
(栗原榛名の台詞。)



「はぁ‥」。
(栗原一止の台詞。)



信濃大学病院駅前。
(バス。)



「そう‥ なりますか」。
(栗原榛名の台詞。)



「検査室には 60人の技師がいて‥」。
(ある信濃医科大学職員の最初の台詞。演ずるは 野間口徹さん。)



雨。


「近所の病院から‥ 手術は難しいと言われました」。
(安曇雪乃の最初の台詞。演ずるは 加賀まりこさん。)



「あずみゆきの 64歳。女性。胆のうがん」。
(栗原一止の台詞。)



砂糖とクリーム入れ過ぎ。
(砂山次郎。)



「それ、コーヒーの味するんですか?」。
(栗原一止の台詞。)



さらに砂糖を二杯入れる砂山次郎。(笑)



「長い‥」。
(栗原榛名の台詞。)



「ああ ‥お帰り。どうだった、向うは?」。
(貫田誠太郎(大狸先生)の台詞。)



「今日は寝れると思ったのに‥」。
(栗原一止の台詞。)



「こんにちは」。
(安曇雪乃の台詞。)



「あと半年って言われちゃった」。
(安曇雪乃の台詞。)



「ありがとうございます」。
(安曇雪乃の台詞。)



「大切な本じゃないんですか?」。
(栗原榛名の台詞。)



「この本‥ 貰ってもいいですか」。
(栗原榛名の台詞。)



華氏451。(笑)



「泣いてますよ、今も。ただ‥ 涙を流さなくなっただけです」。
(栗原榛名の台詞。)



こゝろ。
(岩波文庫。夏目漱石:著。カバーなし)



島々診療所。



「ここに‥ おいてくれるの?」。
(安曇雪乃の台詞。)



「お断りです」。
(栗原榛名の台詞。)



「男爵さん‥」。
(栗原榛名の台詞。)



「どうしたんですか 難しい顔して‥」。
(栗原榛名の台詞。)



「おかえりなさい イチさん」。
(栗原榛名の台詞。)



「あ、ただいま」。
(栗原一止の台詞。)



「淋しくなりますね‥」。
(栗原榛名の台詞。)



「おいだしかい‥」。
(栗原榛名の台詞。)



「十月七日‥」。
(栗原一止の台詞。)



御獄旅館。



「おかえりなさい‥」。
(栗原榛名の台詞。)



八時。
(柱時計の時刻。)



「万歳をします」。
(栗原榛名の台詞。)



「カステラ?」。
(栗原一止の台詞。)



「はい‥ どうしたんですか?」。
(栗原榛名の台詞。)



「すみません‥」。
(栗原榛名の台詞。)



「わかりました。ありがとうございます」。
(栗原榛名の台詞。)



「初めまして 栗原榛名と申します」。
(栗原榛名の台詞。)



「おいしい‥ ありがとうございます」。
(安曇雪乃の台詞。)



10月20日 安曇さん 誕生日。



「おやすみなさい」。
(栗原一止の台詞。)



「どうしてでしょう」。
(栗原榛名の台詞。)



「似ているか‥」。
(栗原一止の台詞。)



「でしょ」。
(栗原榛名の台詞。)



「大丈夫ですよ イチさんは大丈夫です‥」。
(栗原榛名の台詞。)



「先生‥ どっちに行ったらよいですか‥」。
(栗原一止の台詞。)



「ありがとう‥」。
(安曇雪乃の台詞。)



OLYMPUS。
(栗原榛名のカメラ。)



「こんばんは」。
(栗原一止の台詞。)



「今朝は特別早いんですね」。
(栗原榛名の台詞。)



「いってらっしゃい」。
(栗原榛名の台詞。)



雷雨。



「午後十一時十五分‥」。
(栗原一止の台詞。)



城西 3-6-1。
(御獄旅館の住所。)



「もう少し隣にいてください。 ‥座って」。
(栗原榛名の台詞。)



「ちゃんと‥ 神様に届いたでしょ」。
(栗原榛名の台詞。)






































.
posted by 東京こじか(とえいが)。 at 16:53| Comment(0) | 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。